専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<前月 2018年01月 次月>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

OTHER

www.senshoji.jp

 前の記事>>

死の平等

 社会福祉法人を新設して、障害者就労支援施設を開所し3ヶ月が経った。就労支援施設とは、国から支援費を受けながら、事業を行い、事業の収益が障害者の賃金(工賃)となるシステムだ。毎日、25人前後の障害を持った利用者が、施設に通ってくる。事業の中心は俗に「野菜工場」とも呼ばれる耐候性ハウスによるトマト養液栽培とシフォンケーキを中心とした焼菓子作りだ。トマトもケーキも市場に出回るものと互角に戦える商品価値があると自負している◆利用者は、それぞれに重い過去を背負っている。10代で統合失調症を発症したもの、叫声を発する多動や1日じっとして動かない自閉症の子、幼児期に高熱を発して知的障害になったもの、障害程度は軽いものの、一般就労ではどうしてもついて行けなかったもの、様々である◆健常者は、この資本主義社会に生きている限り、「競争」のなかで生きざるを得ない。「お受験」に始まる学校のなかの偏差値競争、就活、出世競争……、結婚だってある種の異性をめぐる競争だ。より強く、より高く、より広いものをめぐる永遠の競争(闘争)、垂直に尖った世界である。障害者の世界にいると、こんな競争世界が遠くにかすんでみえる。障害者にとって、この世界は水平的な、平べったい、共に優しくなれる共同世界だ◆福祉関係者からおもしろい話を聞いた。障害者も健常者も65歳を過ぎると年金と介護保険の制度下に移行するとのこと。どんな競争世界の勝者も、人生の終末期は「障害者」として介護を受けて、命を終える。これは「死の平等」を説いた法然さんの教えそのものじゃないか。日ごろより念仏を称え、最期には浄く美しい世界へと赴く。競争世界の勝者も、福祉制度の庇護の元生きてきた障害者も、死の前ではなにもかわりはしない、と思う(K) =この原稿は浄土宗出版が発行する機関誌浄土宗新聞2015年9月号の一面コラム鐸声に掲載されました

| @Temple | 10:32 AM | comments (0) | trackback (0) |

共生き社会を生きる

 タイちゃんは、うちの寺の次男だ。二歳の時、百日ぜきをこじらせて、肺炎となり、高熱が続いて重度の知的障害を背負った。その彼も、体格も大きくなり現在、特別支援学校の高等部二年生、思春期まっただ中だ◆彼には奇矯な癖がある。親への反抗が昂じて、着ているものすべて、脱ぎ捨てて境内に飛び出すのだ。境内だったらまだいい。昨年、何度か町まで素っ裸で飛び出した。立派な刑法違反である。「タイちゃんが、うちの前を走っていったよ」「タイちゃんが今ここにいるよ」。多くの方々が、電話でタイちゃんの居場所を教えてくれる。体をくるむ毛布をもって、携帯電話で情報をやりとりしながら、タイちゃん捜索が始まる。警察も心得たもので、二度目以降は簡単な事情調査で終わりとなる。都市ではこうはいかないと思う。十六歳の青年が裸で町を徘徊したら、一晩は警察のお世話になるだろう◆かつて、たぶん高度成長時代までだと思うが、日本の共同体、例えばイエ社会、ムラ社会は、忌み嫌われた。村での相互監視社会、大家族での嫁姑の確執だとかで、ムラやイエを離れ、「自立した」市民として生きることがもてはやされた。しかしどうだろう。21世紀の現代、伝統的家族の崩壊、縮小、限界集落の出現などムラもイエも息絶え絶えである。そもそも自立した個人なんて可能だったのだろうか◆そんな現代にあってタイちゃんの一件は、私の住む町には、共同性が生きていることを、思い起こさせた。「共同性」という難しい言葉を使わずともいい。顔見知りの社会が、どれだけ人に優しいか。人は一人では生きられない、これが共生き社会の原点だ。独りで生きることが難しいからこそ、人と人とが縁でつながる。そんな社会がこの日本にまだまだいっぱい残っていることを祈っている。(K) =この原稿は浄土宗出版が発行する機関誌浄土宗新聞2015年3月号の一面コラム鐸声に掲載されました

| @Temple | 10:29 AM | comments (0) | trackback (0) |

大平原の小さな「教会」

 ニューヨーク・マンハッタンから車をとばして約3時間、農家が点在する大平原のまっただ中にその「教会」はあった。三角屋根の木造の建物、近くには牧師館とおぼしき瀟洒な建物もあった。誰が見てもこれはプロテスタント教会に見える。ところが看板には「Tendai Buddhism Institute」とある◆実は、慈雲山天台寺と称する天台宗のニューヨーク別院の建物だ。周りは典型的なニューヨーク州の白人が多数を占める田舎、出迎えてくれた住職ポール・ネーモン(Monshin Naamon)師も二人の総代さんも白人だ。住職によると、今年は12人の信徒が数週間にわたる修行をするほか、朝の座禅会、「往生要集」輪読会など多彩な仏教プログラム、社会活動が実践されている。◆9月、浄土宗平和協会のスタディーツアーで、講義を受けたカリフォルニア大学バークレー校の仏教学教授マーク・ブラム氏によると、白人仏教という言葉があるという。日系人を中心に布教してきた寺院仏教ではなく、白人の僧侶による白人のための仏教を指す。スティーブ・ジョブズが、熱心な禅仏教の信徒だったことは有名だ。駒澤大学の調査によると米国の仏教徒は300万人、その同調者が250万人、仏教に重要な影響を受けた人が2500万人、実に総人口の10%が仏教の影響下にあるという。米国日系人の人口は120万人であり、日系コロニーの宗教から完全に脱皮している。特にこの国の白人仏教の特徴は、平和運動、社会運動に非常に熱心なことという◆法然上人の諡号(いごう)に東漸大師という言葉がある。インドに生まれた仏教が、東へ伝道されていったことを仏教東漸という。米国伝道の先駆者鈴木大拙からほぼ百年、今回のスタディーツアーは日本発の仏教が、太平洋を超えてアメリカ大陸に定着した事を実感した旅であった(K)=この原稿は浄土宗出版が発行する機関誌浄土宗新聞2014年10月号の一面コラム鐸声に掲載されました

| @Temple | 10:27 AM | comments (0) | trackback (0) |

リロケーション・ダメージ

 介護の世界で「リロケーション・ダメージ」(Relocation Damage)という言葉がある。「住んでいる場所が変わることが精神に及ぼす悪影響のこと。認知症の高齢者の場合、介護されるために子供の家などへ転居したり、介護施設に住み替えることで、新しい環境や人間関係が精神的なストレスとなり、認知症が急速に進むこと」という。僧侶として高齢者の現場を見てきて、この現象がよく分かる。認知症が進み、遠くの子どもの家、介護施設に移ったとたん、亡くなるケースを何度も見てきた◆こうした現象の背後には、三世代同居がほぼ無くなったという事実がある。2012年の国勢調査で、1~2人の所帯が55・7%、家族が縮小した。三世代同居が全所帯の5%を切った。ある民間の調査結果だが、半径25キロ以内に、子どもが住んでいない高齢者世帯が3割を超すともいう。加えて、高齢者側の事情もある。高齢者の最大の未来に対しての思いは①ポックリ死ぬこと②子どもたちに迷惑をかけないこと。つまり親(高齢者)の側の意思で、長年住み慣れた土地に踏みとどまり、遠くの子の家に移りたくない、遠くの介護施設に入りたくない、そんな思いが強い。たしかに「子どもと住みたい、孫と過ごしたい」という思いと相反する感情で、ぎりぎりまで故郷に踏みとどまる高齢者が多い◆これまで以上に地域の医療・介護・福祉が連携した包括的なケアが必要だと思う。介護度に応じて、選択肢が豊富にあれば、子どもと遠く離れても老後を安心して生活できる。後期資本主義時代に入って、ますますこれから、企業の論理が強くなり、労働の場と、子育て、親の介護の場の分離が大きくなるだろう。そうなった時に、介護・福祉現場の充実は、老年人口の増加と相まってますます必要だと思う。(K)=この原稿は浄土宗出版が発行する機関誌浄土宗新聞2014 年4月号の一面コラム鐸声に掲載されました

| @Temple | 10:25 AM | comments (0) | trackback (0) |

ピンホール

 「家がすたれて、家族が残った」と、この頃強く思う。何々家という家父長制の名残が薄くなり、家を残すために養子をとるという風習も無くなった。先祖代々の土地を耕し、そして住まうという農家でさえ、近年の農業改革で大農家に集約され、土地から離れることも多い。住む場所がカジュアルなものになった。土地は貨幣で売買されるものとなった◆東北大震災以降、どれだけ「絆」という言葉が氾濫したか。一昨年67万組が婚姻届を役所に提出し、23.5万組が離婚届を出した。そんな時代にもかかわらず、家族の絆が連呼される。ポストモダン、後期資本主義の時代に生きる、ストレス過剰の現代人は、家族こそが、安らぎを得る最後の砦なのだ。離再婚を繰り返しても、家族を取り戻したい、そんな欲求に駆られている。ただ、「絆」「縁」は貨幣では買えない◆そこで取り残されるのが「死者」の問題だ。戦後ずっと死者は、人々の目線外、近代家族に死は不在だった。成長期には死はタブーだった。現代、世代間同居は数%となり、老人は元気なうちは孤独に過ごし、病んだら介護施設に移り、病院で死ぬ。それ故に、遺品整理の業者が増えた。年間120万人もの死者が出るここ数年、「終活」という言葉が流行し、死を正面から見つめようという人々が増えた。法的整理、経済的処分は、終活で学びうる。が、死は近代合理性では、不可知である。死んだあとのことは誰も知らない◆どんなに家族や老いのあり方が変容しようとも死者は存在する。亡き父や母がいる故に、私や私の兄弟姉妹、孫たちの存在理由がある。位牌は、死者たちと会話するピンホールではないか。仏壇や墓は、家族が家族であるためのシンボルではないだろうか。変容する家族に間近で寄り添ってみて、そんな思いが強くなっている。(K)=この原稿は浄土宗出版が発行する機関誌浄土宗新聞2013年12月号の一面コラム鐸声に掲載されました

| @Temple | 10:18 AM | comments (0) | trackback (0) |

国民歌謡の終わり

 この国の人誰もが口ずさめる国民歌謡の最後が1977年に石川さゆりが歌った「津軽海峡冬景色」だったと、誰もが認めるだろう。この年を相前後して、伝統的家族の崩壊が始まっている。つまり、家族そろっての夕食の団らんが、消えたのだ。一人暮らし、二人暮らしが、全所帯の半数を超えた。大家族でもそれぞれの部屋にこもる「個室の時代」が始まった。はやり歌は世代別にセグメント(区分)された◆日本仏教の特質に「先祖信仰」というものがある。仏壇にいらっしゃる御先祖様を大切にする信仰である。こんな信仰があるからこそ、一周忌に始まって三十三回忌、五十回忌などの法事を、ほとんどの方々が、あたりまえにように親族とともにされる。葬儀の場合もそうだ。親の死に目に会う、会わないが、人生の大問題であることは、今も昔も変わっていない◆仏教は、家族をバインド(繋ぐ)する最後のシステムではないかと、この頃強く思う。仏壇があることが、家族が家族である最後の防波堤だと思う(住職)

| @Temple | 04:27 PM | comments (0) | trackback (0) |

共生と平和の教え

 法然上人(1133-1212)のご法語全巻を読み返した。こんな言葉に出くわした。目から鱗が落ちるほど驚いた。「お念仏の行を全く信じようとしない人と議論しあったり、また、お念仏以外の行を修したり、私たちとは異なる理解をしている人に向かって、お念仏の教えを強制してはいけません。異なる教えを学び、異なる理解をしている人に対しては、彼らを敬いこそすれ、軽んじ侮るなどのことをしてはいけません。」(津戸の三郎へつかわすお返事)◆唯一絶対の神をいただく一神教、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教などは、他の信仰を認めることは原理的にあり得ない。ローマ帝国のキリスト教国教化(テオドシウス一世・4C)以来、欧州の地でどれだけの血が流されたか。異端審問、宗教戦争、とりわけプロテスタント国家オランダ独立に伴う八十年戦争(1568~)、ボヘミアの反乱で始まった三十年戦争(1618~)は全欧州諸国を巻き込んでの、カトリックとプロテスタントの戦いだ。政治的にはウエストファーレン条約(1648)で決着を見たが、その後も現代まで、ユダヤ・イスラム対立、イスラム原理主義の台頭など宗教的対立は尽きない◆西欧の宗教的寛容の思想はジョン・ロック(1632-1704)によって確立された。「いかなる私人も、教会や宗教の違いを理由として、他人の社会的権利の享有をそこなう権利を持ってはおりません。たんなる正義という狭い限度に満足することなく、慈愛、博愛、寛大がそれに加えられねばなりません。」(寛容についての書簡)◆12世紀に書かれた法然上人の言葉を、もう一度かみしめてほしい。他を敬い、他に強制をしない、侮らないという教え。血なまぐさい宗教紛争が絶えない現代にあって、まさに平和と共生の言葉ではないかと思う。(K)(浄土宗新聞平成25年6月号一面コラム鐸声掲載)

| @Temple | 04:23 PM | comments (0) | trackback (0) |

多久ミュージカル・カンパニー

 多久ミュージカル・カンパニー(TMC)は3年前、多久で産声を上げた。4月には第3回公演。堂々の3ステージを行う◆ミュージカルの制作は、様々な専門職の人手を要する。脚本、作曲、演出、ダンスや歌唱指導、メイク、大道具、小道具、照明、音響、金銭管理や出演者への連絡など裏方も必要だ。4年前、立ち上げのお手伝いをしたとき、こんな田舎で十分なスタッフは集まるまいと思った。それが蓋を開けてみると、様々な人材が集まった◆演出は、元アメリカの州立大学で演劇を教えていた青柳達也さん、作曲は全国で活動している弓削田健介さんや比留間光悦さん。市内外から、演劇、ミュージカルの経験者が集った。30年も前の話だが、筆者が佐賀新聞文化部に在籍し、県内の文化を取材していた頃に比べれば、隔世の感がある◆第3回公演は4月6、7日の2日間、多久中央公民館大ホールで。公演タイトルは「フォーエバーナウ・永遠にかわらないものを求めて」。是非、お出かけいただきたいものである。(住職)

| @Temple | 03:19 PM | comments (0) | trackback (0) |

もう一つの「他界」

 世界十数カ国の言語に翻訳され、数千万人の読者がいるという世界的な作家村上春樹、これまで何度もノーベル文学賞の候補としてあげられた。その父村上千秋さん(08年8月、90歳で逝去)が、かつて京都市蹴上の安養寺に所属した西山浄土宗の僧侶であったことは、ほとんど知られていない◆自らの家族のことについて、ほとんど公にしない村上春樹だが、09年イスラエルの文学賞エルサレム賞受賞スピーチでで初めて父のことを明らかにした。「私の父は(中略)教師を引退して、たまに僧侶の仕事をしていました。」「子どもの頃、父が毎朝食事の前に、自宅の小さな仏壇の前で深い祈りを捧げているのを見て育ちました」「仏壇に向かう父の後ろ姿を見ていると、父の周りに死の影が漂うのが見えるような気がしました。そして父は、私がけっして知りえることのなかった記憶を抱いて逝きました」村上の小説には、様々な場面で「異界」が出現する。初期の長編『羊をめぐる冒険』に始まって、『アフターダーク』『海辺のカフカ』などでも異界がないと物語が成立しない。『スプートニクの恋人』では「ドッペルゲンガー」という異界の幻視が描かれ、近作『1Q84』では全編「二つの月」がある異界で物語は進行する◆西山浄土宗も浄土宗もいずれも法然上人を祖とし、念仏をいただき、西方浄土への往生という他界観を持っている。此岸と彼岸、この世とあの世、濁世と極楽、浄土教の世界観はパラレルな構造を持ち、それなくしてはその教理大系は崩壊する。村上ワールドに頻出する異界は、ついに知り得なかった父親の中国での生と死の記憶、さらには僧侶としての他界観と密接に関連しているのではないか。幼い頃から仏壇の前で念仏を称える父親を見て育っているはずだろうから。(K)(浄土宗出版刊・浄土宗新聞平成25年2月号一面コラム鐸声)

| @Temple | 05:01 PM | comments (0) | trackback (0) |

信仰と信心と

 遠い昔、学生時代の話だ。宗教心理学か何かの授業で、W・ジェームズ『宗教的経験の諸相』を輪読した。私は彼の「回心論」に思いっきり、こけた。今、同書を読み返してみるとこうある。「それまで分裂していて、自分は間違っていて下等であり不幸であると意識していた自己が、宗教的な実在をしっかりつかまえた結果、統一されて優れており幸福であると意識するようになる」。「えっ、オレってどうなるのさ! オレって不幸、火を見たり光を見て神秘体験をすれば幸福になるっての?」。

 明治以降、キリスト教の「回心」(かいしん)が、仏教にも輸入されて「回心」(えしん)と読み替えられて、近代仏教学に取り入れられたことは知っている。しかし今、私は劇的な回心は全知全能の神をいだく一神教文明(ユダヤ・キリスト教、イスラム教)のなかでしか起こらない現象だと思う。神の生まれたシリア、ヨルダン、イスラエルを歩くといい。砂漠・荒野のなかにポツンとオアシスの街がある。砂漠にあるのは太陽と砂だけだ。一歩道を間違えれば死が待っている、そんな風土だ。そこで神と対話するには、よほど強い自我が必要だろう。その強固な自我の割れ目が、一神教の回心ではないか。

 現代社会、西欧一神教に淵源を持つ様々な思潮が、終焉を迎えようとしている。西欧の『旧約聖書』以来のキリスト教的世界観、自然は克服すべき対象であり、人間は神と対話できる強靱な自我を持つ「自立した個人」でなくてはならならず、人間は自然から超越した優秀な存在であり、人間以外のものは、人間にとっての道具である=人間中心主義(啓蒙主義)、こんな考えが終わりを迎えようとしている。さらにデカルト以来の合理主義、ニュートンらの科学至上主義、ウェーバーが分析した資本主義等々、これら強い自我によってもたらされた考え方の終わりの徴候が、3・11フクシマであり、9・11ニューヨークであり、9・15リーマンショックではなかったか。

 仏教は、森に生まれた。釈尊時代のガンジス川流域は、深い森に囲まれていた。森の多様性に、仏教は学んだ。大乗仏教は、長い時間をかけて、インド亜大陸、中央アジア、中国の神格を取り入れた。釈尊一仏の信仰と見える上座部仏教でも多数の土地神が摂取された。日本仏教に至っては、天台本覚思想(山川草木すべてに仏性を認める考え方)に影響を受け、また神仏混淆も進んだ。

 仏教に対する日本人の態度は、世界を超越しあれかこれかをせまる熱い「信仰」ではなく、世間のなかで様々なものを包摂しながら祈る安らかな「信心」ではないかと思う。「損か得か」「敵か味方か」など自我を強く持つことこそ人生における「苦」の原因と説く。仏教とは、自我をなるべく低くして、縁のおもむくままに生きる教え、特に苦しみを生み出す連鎖を、静寂とやすらぎへと転換する生活の作法ではないかと思う。
2012/10仏教情報センター「仏教ライフ」掲載

| @Temple | 11:45 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑


Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.