専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ

CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<前月 2018年04月 次月>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

OTHER

www.senshoji.jp

<<次の記事 前の記事>>

ポクポク木魚 NO.17 関西多久会

ポクポク木魚 NO.17

関西多久会

 関西地区に住む多久出身者で作る「関西多久会」に呼ばれて、この十一月、講演をしました。遠くに出かけて、いつもの話をするのもおこがましいなぁと思い「困ったな」と頭をかきながら考えて「本庄町の小さなスタジオから」という題で小一時間お話をしました。本庄町とは、私が出演するNBCラジオ佐賀の地名。パーソナリティとしての体験をお話しできないか、佐賀や多久の現状を少し話せないか、無い知恵を絞りました。

 多久や佐賀など県内の中心商店街は今、ボロボロです。佐賀市の白山商店街など、今やシャッター(閉店)率三割といわれています。多久駅前は元気な商店が数えるほど。いろんな原因が考えられますが、購買圏の広域化、高齢化・人口減が主な原因でしょう。多久市は、高齢化率(六五歳以上の高齢者の割合)がなんと、二六・〇%(四人に一人!)。これって、日本の二〇二五年の姿を先取りする超高齢自治体なんですね。今、多久では老人施設が雨後の竹の子のごとく出現ラッシュです。

 人口減も激しいです。今、多久市はなんと二万二千九百人しか住んでいません。「市」と称するのが恥ずかしいぐらい。うーん、市成立時の半分以下。私の実感では二万人以下になるのも時間の問題と思ったりしています。現実に、多久ではバス路線は廃止され、近い将来、集落の消滅や学校の統廃合なども可能性がでてきました。

 一方、郊外立地の大規模アーケードが続々立地しています。今日(十二月八日)も佐賀市で大型ショッピングセンターが開店したという新聞記事を見ました。中心街の空洞化は車がほぼ一人一台になったということと関係がありますな。多久市では自家用車の所有率が一世帯あたり二・〇台。一世帯二人ちょっとなので、一人一台を達成しています。つまり、多久では「タバコを買いに行くのも車」という時代になっているんですわ。

 農家の減少というのも、多久の風景を変化させています。多久市では、農家は今や全所帯の2%(専業農家の割合)。田舎は人と人とのつきあいが濃いというのが定番でした。でも田舎でもサラリーマン化が進むということは、どうしても近所づきあいの「東京砂漠化」が進むのですね。悲しいけど縁薄い時代になったものです。

 今年あたりから、団塊の世代の大量退職が始まっています。佐賀県や多久市では地元出身者に「帰って来いよ~っ」という施策が始まっています。県は「ネクストステージ・プラン」で帰郷起業支援、市は財政難にもかかわらず「一家そろって多久に家を建てると百万円プレゼント」ということを始めています。

 お坊さんとしての私の仕事は、こんな多久に人と人との「縁」、家族の縁を取り戻すきっかけ作りだと思っています。地域のおつきあいの核としてお寺ってとても好都合にできています。お仏壇だって、家族が家族である基本ですよね。地域の人とたまには酒を酌み交わし、家族の団らんを大切にする、基本だと思いますよ。(住職)

| ポクポク木魚 | 04:23 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://senshoji.jp/senshoji/blog/tb.php/15

トラックバック

PAGE TOP ↑


Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.