専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ

CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<前月 2018年07月 次月>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

OTHER

www.senshoji.jp

<<次の記事 前の記事>>

ポクポク木魚No.29 お葬式なんて要らない??

ポクポク木魚

お葬式なんて要らない??

 宗教学者島田裕巳さんの新書「お葬式は、要らない」(幻冬舎)が売れているそうですね。ボクも読んでみました。そうかなぁ、お葬式は要らないのかなぁ……。幻冬舎らしいセンセーショナルなタイトルで驚かされるけど、実はこの本、ちゃんとした野辺の送り(お葬式)をしなさいといっているようにもとれる内容でした。島田さんとは、ある雑誌のインタビュアーとして、二度ほどお目にかかったことがあります。また大学の友人の高校の同級生というご縁で、共通の知人もいるみたいですが。

 さて、現代のお葬式、ボクも少しは変わった方がいいと思っている一人です。難しいことですが、亡くなった人に向かって、作法とおりのお経をあげてハイおしまいでは、遺族の方々の悲しみも、決して癒えることはないと思います。亡くなった方の数十年の人生をどう顕彰するか、それがお葬式の要素でもあると思います。あまりにがっちりとしたお葬式の作法や、遺族の方のかたち通りにお願いしますという意向でで、ボクもなかなか新しいかたちを模索できなくて、悲しいのですが……。いつかは、生前から葬式はこうすると話し合ってみて、遺族もまたご本人も満足する(??)葬儀をしてみたいと思います。

 あと島田さんが指摘しているのは、戒名のことですね。お葬式ではじめて、戒名をおつけして、仏道に精進した証とするのもやはりちょっと無理があるなぁと昔から思っています。でも専称寺では、生きているうちに修行をして戒名をお授けする儀式を戦前からずっと執り行っているのをご存じですか。「五重相伝」(ごじゅうそうでん)という十年に一度ほど専称寺で開催している大法要です。

 この法要は、五日間、お寺に朝八時から夕五時まで毎日、法話を聞き、一日五回法要に連なり、お念仏を何度も何度もお唱えして、仏教の初歩、法然上人の教えを聞く修行の場です。まぁお手伝いの僧侶も十人以上で、入行のみなさまのお世話をし、食事の時も「食作法」という言葉を唱和し、南無阿弥陀仏を十遍となえてからやっと食事という、現代人にはちょっと窮屈な儀式です。でもそんな大変な修行をするからこそ、仏道に励んだという証になるのです。五日間の修行を終えて、最後に「伝巻」という巻物をいただき、そこに「○譽○○」という名が書いてあります。それが、その方の戒名です。生きているうちに修行してはじめて、戒名をいただく、それが「正しい」あり方なのです。忙しい現代人には、すこしハードルが高いのですが、リタイアしてから、お寺に五日間こもって、戒名をいただくのも、自らの「最期」を予期し、準備するという意味で、とてもすばらしいと思うのですがいかがでしょう。

 次回の「五重相伝」は平成二十六年、四年後の予定です。案内を差し上げますので、ぜひトライしてみてください(住職独白)

| ポクポク木魚 | 04:54 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://senshoji.jp/senshoji/blog/tb.php/27

トラックバック

PAGE TOP ↑


Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.