専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<前月 2018年01月 次月>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

OTHER

www.senshoji.jp

<<次の記事 前の記事>>

憲法二十条

 日本社会のアメリカ指向がますます強まっている。政治的従属だけでなく、「グローバル・スタンダード」「自己責任」という名のアメリカ流経済もしかり。しかし、かの国は、強烈な宗教国家だという側面はなぜか報道されない。テレビ伝道師の社会に与える影響は大きく、教会のミサの出席率は決して衰えていない。上昇志向の人々にとっては、より上の階級の教会に所属することが、みずからのアイデンティティーになっている。「世界の警察官」という心性も宗教とは無縁ではない。離婚率の増加による家族の崩壊など負の側面を、プロテスタントを中心とする宗教は底辺で支えている▼ひるがえって、日本人は宗教を知らなさすぎる。「神の国」発言でひんしゅくを買った森前首相は、小渕元首相の葬儀で「あなたは天国に召された」と呼びかけた。公人として諸宗教に配慮するなら「あの世」とでもすべきだし、仏教の儀礼に従うなら「極楽」というのがすじだ。先日、インドネシアの日系食品企業の日本人幹部が逮捕されたというニュースが流れた。圧倒的なシェアを持つ商品の調味料に、イスラム社会ではタブーの豚肉の成分を混入させたという疑いだ。宗教上の禁忌の厳格さを情報として知っていたならば、未然に防げたはずだ▼憲法二十条は「国及びその機関は宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」と規定している。しかしこれは宗派教育で宗教一般ではないはずだ。「いただきます」「ごちそうさま」の言葉さえ小学校で教えない地域があるという。世界の様々な宗教の情報だけでなく「みずからの絶望や死をどう引き受けるか」という人としての基本さえ学校では誰も教えはしない▼心が凍り付くような少年犯罪の多発が、宗教不在の「戦後教育」の成果でなければいいのだが。(K)

| @Temple | 03:20 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://senshoji.jp/senshoji/blog/tb.php/46

トラックバック

PAGE TOP ↑


Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.