専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<前月 2018年01月 次月>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

OTHER

www.senshoji.jp

<<次の記事 前の記事>>

死は絶望ですか?

 人の死がタブーでなくなりつつあるのではないか、とつくづく思う▼終末期医療などさまざまな現代医学のタブーをつく漫画「ブラックジャックによろしく」(講談社、佐藤秀峰著)が、広範な若者に支持されている。主人公の若い研修医は、末期ガン患者を前にこう叫ぶ。「死とは一体なんですか?死とは敗北ですか? 死は絶望ですか? 死とは不幸で否定されるものでしかないのですか?」。抗ガン剤治療など医師としてぎりぎりの選択を続けながら主人公は死と共存する医療、ホスピス(ビハーラ)など終末期の死の心理的、身体的痛みを緩和するケア病棟を指向する。「生と向き合う事は死と向き合う事と同じ事ではないですか」「私たちは誰も独りなんかじゃない」。作者は主人公にこう言わせている。さらに少年たちに共感を得ている漫画がある。宮本武蔵に素材をとった「バガボンド」(講談社、井上雄彦著)だ。ここでは「潔く死ぬ」ことを美しいとする感性が蘇っているかのようだ。戦後、否定されたかに見えた武士道が、ここでは英雄視される▼戦後日本は戦中的な「死の美化」を克服したつもりで「実利の道」、つまり経済成長に突っ走った。そのアンチテーゼとして少年たちは死を語り始めているのだろうか。それとも徹底した聖俗分離と世俗化教育の結果、漫画というジャンルで自らの命と死の感触を確かめているのだろうか▼未曾有の高齢社会で死が露出した。伝統仏教の来世観が試される時代の到来だ。歴史的に寺の専権事項だった「葬送儀礼と墓制」に変化の兆しがある。「はからいのない死」という来世観再生のため、生と死をトータルにケアをしようという僧侶たちが出現している。死は悲しみではあるが不幸ではない。時代と対峙できる来世観の創出は、現代人そして宗教者にとってまったなしの課題である。(K)

| @Temple | 03:34 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://senshoji.jp/senshoji/blog/tb.php/54

トラックバック

PAGE TOP ↑


Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.