専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ

CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<前月 2018年04月 次月>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

OTHER

www.senshoji.jp

<<次の記事 前の記事>>

家族の宗教

 「家の宗教」のなにが悪いのだろう?▼前世紀の後半、この国ではひたすら「個の確立」が求められてきた。自由な主体であるこの「私」の判断が最も大切と教えられてきた。「イエ=家族」や「ムラ=地域」の論理は、近代的自我にとっては桎梏であるとされた。宗教の世界でも西欧キリスト教をモデルとした、個人の信仰の必要性が叫ばれた。しかしどうだろう? この世には今、肥大した自我の亡霊たちがあちらこちらに出没していないか?▼有権者の歓心を買おうと、国家は返済不能なほどの借金を抱えた。自らの「判断」で死を選ぶものたち、家族を捨てる者たちが増えた。同居する家族の人数が激減し二人家族が主流となったあげく、家庭では際限のない暴力が繰り返され、ひ弱な少年たちは個室に引きこもった。修行と神秘体験を売り物にする妄想の宗教に、家族を捨て入信したものたちが暴走した▼もう一度言おう。家族の絆が弱まろうとしている現代こそ、家の宗教が必要なのではないか。五十歳以上の壮年世代、老年世代の定点観測を続けている博報堂生活総合研究所「HOPE レポート」は、「カギとなる人間関係は、『家族』が一番」と報告する。中高年世代にとって「楽しみとなる関係」は順に、自分の子ども、配偶者、兄弟(姉妹)、孫と続く。家族が拡散しようとも、縮小しようとも、いやそうであるからこそ、伝統的な家庭に居場所を求める意識が強まっている▼見えづらくなった家族のつながりを基礎付けしている装置が、亡き祖父母や父母を祀る仏壇やお墓だ。まもなく旧盆がやってくる。お盆はまぎれもない家族の儀礼だ。故郷に帰ろうと、海外で休暇を過ごそうと、自らが生きて過ごす場=家についてゆっくり考えていただけたらと思う。もしできるならば、仏壇の前で手を合わせて。(K)

| @Temple | 03:37 PM | comments (0) | trackback (x) |

コメント

コメントする








PAGE TOP ↑


Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.