専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<前月 2018年01月 次月>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

OTHER

www.senshoji.jp

<<次の記事 前の記事>>

「こころくばり」の文化

 サブプライムローン問題に端を発したアメリカ発の世界恐慌が深く静かに進行している。資本主義のエンジンは「欲望」であるという。向上しようという意欲が、経済活動を活発にする。それによって、株式市場も活性化し、株式の価値も上がる。しかし、欲望に基礎を置く故に、不可避的に富に対する強欲(ごうよく)がはびこり、バブルを定期的に引き起こす。資本主義はバブルとの格闘の歴史ともいえる。現代は特に、金融や情報の技術が自己増殖し、人間の手でコントロールできない時代へと突入した。今回のバブル崩壊は、その点で傷が深い▼私たちは人と人との間を金に置き換えてはいないか? 経営者と社員の人の輪で成立した企業が、利潤優先の「鉄の檻」になっていないか?投資する資本家が、そんなに偉いのか? 浪費がそんなに楽しいのか? 結果として食品、賞味期限、耐震強度の偽装や、欠陥、失敗の隠蔽の連続。老舗から一流企業まで目を覆うばかりの強欲がひろがり、信頼の輪が喪われている。企業ばかりではない。年金崩壊、官製談合の政府、子どものいじめや自殺、モンスターペアレントになすすべがない学校。欲にまみれた相互不信が、この時代の基調音になってる▼「愛欲」「渇愛」「貪欲(どんよく)」「妄執(もうしゆう)」「煩悩(ぼんのう)」、これらはすべて仏典に起源を持つ言葉だ。仏教は人間の欲望の奥深さ(業(ごう))を知り抜いていたからこそ、欲望の質を細かく分析し、対象への執着(しゆうじやく)を否定する。過剰な物や心へのこだわりを捨ててこそ、信頼が生まれ、共感できる関係になるのではないか、と思う▼「共に生きる」社会は、心の施しができる共感のなかにこそ成り立つ。ぎらつく妄執を高度に制御したおもいやり、気くばり、心くばりの文化こそ、一千年をはるかに超す仏教思想に培われた日本人の心だと思う。(K)

| @Temple | 03:49 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://senshoji.jp/senshoji/blog/tb.php/64

トラックバック

PAGE TOP ↑


Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.