専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ

CALENDAR

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<前月 2018年07月 次月>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

OTHER

www.senshoji.jp

<<次の記事 前の記事>>

健康幻想

 私にとって昨年度は大変な年だった。昨年6月、不安神経症で1ヶ月の入院、快癒してお施餓鬼、お盆の夏を乗り切ったかと思うと、今後は肩が上がらなくなって関節リウマチとの診断。今年3月には、写真撮影中に机から落っこちて、アキレス腱断裂、2週間入院。今はほぼ、足が少し不自由なだけで通常の生活を営めるようになった◆病院のベッドで考えた。この高齢時代、中年以降は何らかの病をもって生活するのが、当然のことではないか。我々はあまりにも健康幻想にとらわれているのではないか◆ある学者によると、人生の終末のある時期になると、人は食を摂らなくなるという。脳が「もう死んでいいよ」と命令を発しているそうな。最期は枯れ木のように往生するという◆健康幻想に支配されているから、人は病院で栄養剤の点滴など様々な生命維持のパイプにつながって死ぬ。私たちは、尊厳ある死を選択すべきではないか。枯れ木のようになって家族に別れを告げる尊厳死を選択すべきではないかと思う(住職)

| @Temple | 04:20 PM | comments (x) | trackback (x) |

PAGE TOP ↑


Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.