専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ

CALENDAR

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<前月 2018年10月 次月>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

OTHER

www.senshoji.jp

<<次の記事 前の記事>>

ピンホール

 「家がすたれて、家族が残った」と、この頃強く思う。何々家という家父長制の名残が薄くなり、家を残すために養子をとるという風習も無くなった。先祖代々の土地を耕し、そして住まうという農家でさえ、近年の農業改革で大農家に集約され、土地から離れることも多い。住む場所がカジュアルなものになった。土地は貨幣で売買されるものとなった◆東北大震災以降、どれだけ「絆」という言葉が氾濫したか。一昨年67万組が婚姻届を役所に提出し、23.5万組が離婚届を出した。そんな時代にもかかわらず、家族の絆が連呼される。ポストモダン、後期資本主義の時代に生きる、ストレス過剰の現代人は、家族こそが、安らぎを得る最後の砦なのだ。離再婚を繰り返しても、家族を取り戻したい、そんな欲求に駆られている。ただ、「絆」「縁」は貨幣では買えない◆そこで取り残されるのが「死者」の問題だ。戦後ずっと死者は、人々の目線外、近代家族に死は不在だった。成長期には死はタブーだった。現代、世代間同居は数%となり、老人は元気なうちは孤独に過ごし、病んだら介護施設に移り、病院で死ぬ。それ故に、遺品整理の業者が増えた。年間120万人もの死者が出るここ数年、「終活」という言葉が流行し、死を正面から見つめようという人々が増えた。法的整理、経済的処分は、終活で学びうる。が、死は近代合理性では、不可知である。死んだあとのことは誰も知らない◆どんなに家族や老いのあり方が変容しようとも死者は存在する。亡き父や母がいる故に、私や私の兄弟姉妹、孫たちの存在理由がある。位牌は、死者たちと会話するピンホールではないか。仏壇や墓は、家族が家族であるためのシンボルではないだろうか。変容する家族に間近で寄り添ってみて、そんな思いが強くなっている。(K)=この原稿は浄土宗出版が発行する機関誌浄土宗新聞2013年12月号の一面コラム鐸声に掲載されました

| @Temple | 10:18 AM | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://senshoji.jp/senshoji/blog/tb.php/85

トラックバック

PAGE TOP ↑


Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.