専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ
www.senshoji.jp

ギャラリー三蔵堂
ギャラリー概要
ギャラリー常設展

専称寺のご案内
◆阿弥陀如来座像
阿弥陀如来座像
像高 65.0cm/平安時代
 桧の一木造りで衣紋や頭部の螺髪の様式などから、約八百年前、平安時代末期(藤原時代)の仏像の特徴を示している。当寺の多久建立が12世紀初頭であり、当時の本尊と考えられる。市重要文化財。

◆十王図・観無量寿経変相図
観無量寿経変相図 十王図・都市図 十王図・閻魔図 十王図・初江図
観無量寿経変相図 十王図・都市図 十王図・閻魔図 十王図・初江図
10幅・1幅 紙本着色/139.3×57.8cm/江戸時代 江口栄春筆
 江戸時代元禄期の多久藩の絵師による地獄、極楽の相を描いた図。観無量寿経変相図は、浄土三部経の観経の示す極楽の相を描いた曼陀羅図。十王図は十王経の示す閻魔大王など地獄の十王の裁きと、その地獄の相を描いている。弘化三年と平成二年の二度修復。
◆雲板
 法要などの合図を知らせる音具。表には蓮華文の撞座、「肥前洲上松浦西綿厳木村梅渓庵」「應永十六年」(1409年)の銘文を刻んでいる。肥前の銘が入ったものとしては最も古い雲板。多久町の広厳寺廃寺跡で発見され、川内野定氏が当寺に寄贈、現在は多久市郷土資料館に寄託し公開されている。多久市重要文化財。

銅製
28.2×27.1cm
室町時代

 
◆大涅槃図
 釈尊の入滅を描いた図。右手を枕に涅槃の相に入った釈尊を中央に、釈尊の母摩耶夫人が天上から駆けつけ、阿難尊者など釈迦の高弟、菩薩などや多くの動物までもが嘆き悲しむ様を描く。平成2年に修復。

一幅 絹本着色
199×154cm
時代不詳

 
◆古文書「御家中寺社由緒書」
 江戸時代・佐賀藩の一私領であった多久邑(現在の多久市及び北方町、大町町、江北町の一部)の寺社の歴史を記した194丁からなる冊子。これによると当寺は平安時代の大同2年(807)、行基菩薩の創建とあり、のち天台宗となった。一遍上人の九州行脚の折にしばらく居住せられ時宗となる。鎌倉時代に下多久(現在の多久市南多久町)から、現在地に移った。慶長年間(1600頃)に浄土宗となり、その後焼失し詳しい縁起が判らなくなったとある。

一帖 墨書和綴
江戸時代

 

Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.