専称寺ご案内
寺だより「MOYAi」
ギャラリー三蔵堂
オフィス三蔵堂
専称寺墓地・納骨堂「光明殿」
永代供養墓「菩提樹陵」
お寺アクセス
お問い合わせは、mail@senshoji.jp へ
専称寺トップへ
www.senshoji.jp

オフィス三蔵堂
パーソナリティ
テラ・ネット
雑誌「現代教化」
雑文アーカイブ

専称寺のご案内
prev 
■時代は変わる

 国連の定義によると、六十五歳以上の高齢者の割合が一四%を超すと、高齢化社会から高齢社会に変わるのだそうだ。日本はすでにその割合が一七%を超えた。四人に一人が高齢者という世界一の超高齢社会にも、あとわずか二十年で到達する▼新たな四半世紀、この国のかたちは確実に変わる。戦後復興から高度成長までが青年期から壮年期だとすると、目前に控えているのは成熟期だ。成熟世代の意向を無視しては、時代が動かない、そんな社会がすぐやってくる。そういえば、近ごろのニュースは老いにかかわるものがとても多い。脳死談義をきっかけにした「死」周辺の話題に始まって、介護保険の導入、医療費の増大など▼日本最大のエンターテイメント産業に成長した芸能プロダクション吉本興業が、お寺に目を付けた。全国十万といわれるお寺に所属の芸人や笑いのノウハウを提供するという試み。仏教情報紙には「高齢社会、寺院活性化に役立てて」との見出しが躍った。中高年層が心の癒しとしてどんな笑いを欲しているのか、お寺に活動の場を持つことでリサーチし、新しい笑いのノウハウをつかみたいという吉本の戦略があるのではないか▼もとより、浄土教の伝統と芸能は、切っても切れない縁がある。何より落語の祖としてあがめられるのは、江戸初期に活躍した浄土宗の僧・安楽庵策伝(1554〜1642)だ。互いに親和力はある。しかし時代はもっと先を要求している気がする▼次の時代の主調音が、老年世代から生まれる可能性を示唆しているのではないか。また「老人力」という言葉の流行が示したように、死や老いに対する負の意識が変わる確率も相当に高い。その時にはお寺空間もまた、時代の最先端の場になるということだってあり得るのだ。
(浄土宗新聞一面コラム鐸声 2000/03掲載)
■個人の仏教

 「ねえ、お布施はどのくらい包めばいいの?」久しぶりに旧友が電話してきた。父親をガンで亡くし、先祖が眠る故郷の寺で、慣れぬ法事に難問が山積。葬儀の夜に「ホンネで聞ける友人」に質問をぶつけてきた▼彼女は今年五十歳、団塊の世代である。今をときめく都心の外資系オフィスで働く管理職だ。「遠い昔」に離婚して、子どもはいない。超の字の付くクラシックのファンで、年に数回はお目当ての演奏家を追い、欧米のコンサートへ出向く。得意の英語で、インターネットには日英二カ国語でホームページを開設、電子メールが世界中から毎日十数通は着く。仏事について詳細を究めた電話での質問に、丁寧に答えた。最先端女史も伝統社会のしきたりだけは疎かったようだ▼「これだけ答えれば、残されたお母さんにもしものことがあっても大丈夫だよな」「それがそうでもないのよ」「?」母親は敬虔なクリスチャン、葬儀は教会でと懇願されているそうだ。両親が別の宗教の場合、お墓をどうするか、それに子どもがいない彼女自身も「行く末に未解決の問題が多すぎる」と笑う▼高齢化社会の到来で、団塊の世代が親族の死の看取りの経験を通じ、葬儀、お墓から、生命、臨終、来世など宗教固有の問題に目覚め始めている。家の宗教から個人の宗教へ。親族の死や墓制をきっかけとしてこころの内側の問題へ。学生運動からニューファミリーブーム、団塊の世代が動くと社会が変わる。この国の来たる世紀に、こころの風景はどんな変貌を遂げるのだろうか▼仏教の思索の森を歩くと、こころを確かなものにするための秘けつが、そこここに静かに隠されている。個々人それぞれのこころを豊かにする仏教の智恵が、確かに隠されている。その智恵を探すのはあなた自身である。
(浄土宗新聞一面コラム鐸声 1999/10掲載)

Copylight(c) 2003 HOHNEN BUDDHISM SENSHOJI TEMPLE, SHUNKAI KAWASOE. All rights reserved.